仏教

  • 読み:ぶっきょう
  • 別名:仏門、仏法、仏道

仏教の意味(仏教とは)

仏教とは、紀元前5世紀ころ、釈迦がインドで始めた宗教です。

釈迦が菩提樹の下で悟りを開き、80歳で入滅するまでに説いた教説が基本となっている宗教です。

当時のバラモン教の影響下で、批判的なものとして発生したとも言われています。

キリスト教、イスラム経と並び世界三大宗教の一つとされ、世界中に約5億人とも言われる教徒がいるといわれています。

日本における仏教は、6世紀に北インドから中国を経由して朝鮮半島、日本へと伝えられた大乗仏教の系統で、北伝仏教とも言われています。

仏教はアジア全域に広がって、それぞれの地域の特殊性や社会の状況によって、多様な信仰に展開していきました。

仏教の実際

仏教は世界中に広がり、教義や教団はさまざまに細分化されています。

基本的には仏陀を仏としてその教えに耳を傾け、禅定などの修行を行って悟りを得て、解脱するということが目的になっています。

この世の迷いや苦しみは、悦楽や苦行に偏らず、正しい実践によって抜け出すことができ、悩んでいる人を救済するというのが、根本的な教えになります。

仏教に関連する記事

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。