エンディングパーク

ヒンズー教

  • 読み:ひんずーきょう
  • 別名:ヒンドゥー教, インド教

ヒンズー教の意味(ヒンズー教とは)

ヒンズー教とは、インドやネパールの民族宗教として知られています。

現実的には、インド、ネパールには多くの宗教、言語があり、一つの宗教で統一されているわけではありません。多神教で、地域や所属によって多様な信仰です。

広義にヒンズー教というと、インドに発生したすべての宗教をさします。また、狭義には、バラモン教とインドの民間信仰が融合し、4世紀頃から形成された民族宗教をさします。

ヒンズー教徒の数は、インド国内で8.3億人とも言われ、約9億人の信者がいるとされています。キリスト教イスラム教に続き、世界で3番目に信者の多い宗教だとされています。

ヒンズー教の実際

ヒンズーは、サンスクリト語でインダス川のことで、ペルシャ側から見て、インダス川の対岸に住む人という意味があります。

三神一体と言われるように、ブラフマー、ヴィシュヌ、シヴァの三大神が一体を成すとされています。

輪廻、解脱を信じ、河川崇拝、菜食主義、聖牛崇拝の考え方があります。四柱期に代表される生活様式や、身分、職業を含むカースト制があることなどが特徴の宗教です。

関連する用語:キリスト教, 仏教, イスラム教, 輪廻転生
タグ:葬儀・葬式 , 世界三大宗教 , インド , クリスチャン

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集