葬儀の種類

一昔前の日本の葬儀は「他の人と同じように…」という風潮が多くありました。 しかし近年、家族葬や直葬、一日葬など、生活様式や社会の変化にともなって葬儀の種類も多様化しています。 宗教や規模、様式などすべてを自ら選ぶ時代です。 そんなさまざまな葬儀の種類について解説します。

葬儀の種類の記事一覧List

自宅葬

自宅で執り行う葬儀を自宅葬と呼びます。 一昔前は、自宅で葬儀を行うことが一般的でしたが、住環境の変化や、地域との関係性の変化に伴い、設備が整った葬儀会館で葬儀をする...続きを読む

一日葬

お通夜・告別式と2日間の葬儀を執り行うことなく、告別式(葬儀)のみ1日だけ葬儀を行うことを一日葬と呼びます。 本来は、お通夜は家族や近親者のみで過ごし、告別式は、一...続きを読む

直葬

もっともシンプルに葬儀をする方法です。 祭壇を飾り会葬者がお別れをするなどの儀式的なことはせずに、亡くなられた後、24時間以上経過したのち(死亡後24時間は火葬を...続きを読む

一般葬

一般葬とは、一般の会葬者も多く弔問に来られる葬儀をいいます。 葬儀には、社会に亡くなったことを告知する意味もありますので、「一般葬」で葬儀を行うことが通常でした。2...続きを読む

家族葬

家族葬とは、会社関係やご近所の方などには広くは知らせずに、ご家族やご親族、親しい方のみで執り行う葬儀をいいます。 本当に家族だけで行う葬儀を言う場合もあれば、親族も...続きを読む

音楽葬

葬儀の中に音楽を取り入れたまたは、音楽で送ることを主体にした葬儀の方法です。 無宗教の葬儀などで、お式のプログラムとして演奏を用いるお式を特に、音楽葬と呼ぶことが多...続きを読む

斎場葬

斎場葬とはあまり一般的に聞かれる言葉ではないかもしれませんが、葬儀会館やセレモニーホールなど斎場で行う葬儀をさします。 いわゆる、自宅ではなく、葬儀の式場でする葬儀...続きを読む

葬儀の種類

一昔前は、葬儀は「他の人と同じように・・・」ということが一般的でしたが、近年は、家族葬や直葬、一日葬など社会的変化に伴って、葬儀の種類も多様化し、自ら選ぶ時代を迎えています。葬儀の種類について解説します。

葬儀の種類

宗教別

規模別

その他

編集部おすすめ記事 Recommend

enな人々

もっと見る

ランキング Ranking