自宅葬

自宅で執り行う葬儀を自宅葬と呼びます。

一昔前は、自宅で葬儀を行うことが一般的でしたが、住環境の変化や、地域との関係性の変化に伴い、設備が整った葬儀会館で葬儀をする人が多数を占めるようになりました。

「住み慣れた自宅から送る」ということは自然なことでもあり、近年、家族葬など葬儀が小規模化することに伴って、また自宅葬が見直されはじめてもいます。

自宅葬のメリットとデメリット

【自宅葬のメリット】
・住み慣れた自宅から送ることができるため家族の納得感が大きい
・お通夜も勝手知ったる自宅でゆっくりと過ごせる
・式場費用が不要で葬儀費用を抑えることができる場合も

【自宅葬のデメリット】
を安置することのできる、ある程度のスペースと動線が必要
・たくさんの親族弔問客が予想される場合は対応が難しいことも
・車で来られる方の駐車場の確保が難しい場合も

タグ: 葬儀・葬式 葬儀の種類 メリット・デメリット 自宅 はじめて 弔問 家族葬

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

注目の記事【PR】

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によりよい未来に繋げていきたいと思っています。