エンディングパーク

葬儀会館

葬儀会館の意味(葬儀会館とは)

葬儀会館とは、葬儀式場セレモニーホールのことで、葬儀を専門に行う会館をさします。

葬儀を行う場所としては、大きく、
・公営式場
・民営式場
寺院式場
・地域の集会場
・自宅
の5つが主な場所ですが、このうち、公営式場、民営式場、寺院式場を葬儀会館と呼びます。

公営の葬儀会館を保有する自治体と、保有しない自治体に別れますが、保有する場合は、火葬場と併設した公営式場などが多いです。

民営式場は、葬儀社が保有する民間の葬儀会館のことで、セレモニーホールとも呼ばれ、近年、急増しています。

葬儀会館の実際

都内の葬儀会館として有名な、桐ケ谷斎場や、臨海斎場は、火葬場に併設されており利便性が高い一方、慢性的に混み合っており、時期によっては1週間待ちという状況も見られます。

葬儀社の保有する葬儀会館も様々な、設備や施設を備えた会館が見られるようになっており、家族がゆったりとお通夜を過ごせるように自宅のリビングに近いような部屋を用意したり、を控え室まで移動させて一緒に過ごせるようにするなど、いろいろな工夫がみられます。

関連する用語:セレモニーホール, 安置施設, 斎場, 火葬場, 霊安室, 保冷庫
タグ:施設 , 葬儀・葬式 , 葬儀式場 , 斎場 , 葬儀社 , 葬儀屋

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集