エンディングパーク

葬儀社

  • 読み:そうぎしゃ
  • 別名:葬祭業、葬儀屋

葬儀社の意味(葬儀社とは)

葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。

また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます。

民間資格の中には、葬祭ディレクター、仏事コーディネーターといったものがありますが、必須条件ではありません。

こうした民間資格は30近くもあって、さまざまなものがあります。遺体の運送を行う霊柩車の運転には、貨物自動車運送事業としての許可が必要になります。

葬儀社の実際

2006年のJETROの調査によれば、日本には葬祭業の市場規模が1兆千億円ほどあると推定されています。葬祭専門事業者は総数の三分の二で、そのほとんどは100人以下の中小事業者とされています。

24時間365日営業しているところがほとんどであり、人が亡くなったと連絡があれば四季や天候に関わらず出動するのが通常です。

葬儀を行うにあたり、本人、その家族、参列者とさまざまな立場の人の視点と要望を考えつつ、まとめていくことから人との対話力、葬儀の構成を組み立て、実現していくプロデュース力が必要。

対応する相手は身内を亡くしたり、自分の死後について考えていることからホスピタリティも求めらます。

また、日本は無宗教国家のため葬儀を行う際も人により宗教がことなり、仏教だけでも各宗派、神道キリスト教新興宗教とさまざまな宗教の習わしに精通、もしくは対応していく必要があります。

葬儀は地域によってしきたりや習慣があるため、喪主が恥をかかないよう、その地域の式場や文化に精通していることも大切です。

これだけの能力や情報力が必要な職業ではありますが、現在は他業種からの参入が進んでいます。

冠婚葬祭業者、農協や生協、ホテル、墓地墓石、仏具を扱う業者、花屋さん、ギフトショップ、霊柩運送業者などさまざまな分野の業者からの新規参入があります。

関連する用語:葬儀式場, 喪主, 見積書(葬儀), 葬儀の司会, 葬祭ディレクター
タグ:葬儀社 , 葬儀屋 , 告別式 , 葬儀・葬式 , 見積り , クリスチャン , 仏具 , 日本 , 無宗教 , 参列

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集