神道

  • 読み:しんとう
  • 別名:日本神道、惟神の道

神道の意味(神道とは)

神道とは、日本に古来から伝わっていた八百万の神様への信仰に、仏教、道教、儒教などが影響して展開した宗教です。日本独特のもので、一つの神様だけを信じる信仰とは異なります。

伝統的な信仰や儀礼を神道として認識するようになったのは、仏教伝来があったからとも考えられています。古くは神仏習合という風に、神道と仏教は区別されずに、神道の神様も仏教の神様も、たくさんいる神様の中のひとつという考え方をしてきました。稲作の伝来で、農耕儀礼の中に神道の考え方が整理されていきました。

神道には、神社を中心とする神社神道以外にも、教派神道、民族神道、学派神道などに分類されます。

神道の実際

神道には教義や教典の代わりに、古事記、日本書紀といった古典が神典とされています。自然の中に神が宿ると考え、祖霊をまつり、祭祀を行います。

自然や祖霊、死者への畏敬の念を根幹とした信仰で、神様は地域社会を守り、恵みを与える守護神であると同時に、天変地異や病を招きよせ、崇りをもたらすとして怖れられてもいました。

神道では、人は亡くなると神になるとされているため、地位社会に貢献した人や、社会的に突出した人物は、死後神社に神様として祀られることもあります。

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集

      エンパークとは

      定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
      「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。