巫女

  • 読み:みこ
  • 別名:神子

巫女の意味(巫女とは)

巫女とは、神に奉仕する女性の総称です。神楽を舞うなどの神事を行い、神職の補佐的な役割を行います。

古く巫女は神楽を舞い、祈祷を行い、占いや口寄せをするといった役割を担い、神から託されたメッセージを第三者に伝えるという立場にいました。近代以降では、神社における神事の際の奉仕などを行います。

巫女の実際

現代では、巫女は神社に勤務していて、神楽や舞の奉仕を行います。

巫女になるには特別な資格は必要ではありません。神職の娘や近親者などの、神社に縁のある人が見個として奉仕することが多く、一般的には20代後半で定年になります。

しかし神楽を奉仕、指導する巫女には、技術継承などの問題があり、この限りではありません。

また、正月などの繁忙期になると、神社が臨時のアルバイトを採用するケースもあります。こうしたアルバイトの学生などは「助勤」「助務」と呼ばれます。

巫女が身に着ける衣装は、巫女装束と言われます。各神社ごとにそれぞれのしきたりがあり、特に神職の資格がある巫女に関しては、女性神職として服装に関する規定があります。

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集

      エンパークとは

      定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
      「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。