宮司

  • 読み:ぐうじ
  • 別名:

宮司の意味(宮司とは)

宮司は神職の職階で、神職や巫女をまとめる神社の長です。

宮司は神主と混同されることも多いのですが、現在は神社で一番偉い人は、一般的に宮司のことをいいます。

宮司と神主は、古くはほぼ同じ意味があった言葉です。神主は神職のことで、神社を代表する人という意味でした。1946年に神職制度が制定された際には、宮司、権宮司、禰宜、権禰宜の主に4つの職位ができ、神主という職位はなくなりました。

宮司は神社を取り仕切る役割で、お祭り、祈祷などの神社の祭事全般を執り行う役割を担います。

宮司の実際

全国に神職を司る人は約2万人と言われています。そのうち宮司は半数の約1万人です。神職の実に半数が宮司ということになります。一つの神社に宮司は一名です。

規模の小さい神社では、宮司一人が神社を切り盛りしている現状があります。もちろん、大規模な神社では、宮司以外にも、職員がいるところもあります。

伊勢神宮では祭主に次ぐ役が宮司で、大宮司、小宮司があります。

宮司に関連する記事

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

注目の記事【PR】

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によりよい未来に繋げていきたいと思っています。