定年退職で社内・同僚・部下へ送る挨拶メールの例文 〜令和の時代にオススメ〜

記事を保存しました

定年退職日や就業最終日、または退職後、社内や職場への退職の挨拶をメールで行うことも多いと思います。

同じ職場ですが、毎日顔を合わせている身近な同僚だけでなく、他部署の上司、電話だけのおつきあいだった支店の同僚など、たくさんの人たちに読まれる可能性がありますから、粗相のない内容にしたいもの。

どんな文章を送れば良いか悩んでいる方へ、参考にしてもらいたい例文です。

令和の時代に入り、同僚や部下にも平成生まれの方も多くなりました。堅苦しい挨拶だけでなく、しっかりと要点は抑えながらもウィットに富んだ挨拶文を織り交ぜてみました。

会社・職場への定年挨拶メール例文①

お疲れ様です。
私ことで恐縮ですが、このたび○○月○○日をもちまして○○○を定年退職いたします。これまで大過なく職務を全うできましたことは、皆様のご支援ご指導の賜物と心より感謝しております。
今日で定年となりますが、振り返るといろんなことがありました。
特に〇〇さんとは、よく飲みましたね。定年になったからといって関係も終わってしまうのは寂しいので、今後とも継続でお願いいたします。お時間がある時、ご連絡いただければ嬉しいです。
明日より会社人間から家庭人間に変身する予定でおりますが、なかなかうまくいかないときは、また話を聞いてください。
最後になりますが、皆様のなお一層のご発展とご多祥をお祈り申し上げます。
今まで本当にありがとうございました。

会社・職場への定年挨拶メール例文②

(季節の挨拶文)
さて、私こと○○は、このほど○○月○○日をもちまして○○○を定年退職いたします。
ついに迎えた定年の日。まだ先だと思っていましたが、案外すぐに訪れた印象です。
一抹の寂しさはありますが、やっと自分の自由な時間が持てるという喜びもあり。これまで出来なかったやりたいこともたくさんあります。
しかし、今まで苦労をさせた家族のためになることを最優先にしなければならないなとも思っています。
ぬれ落ち葉などと揶揄されないよう、しっかり生活の基盤を作りたいと思います。
会社は離れますが、これからもご縁を続けていただけたら嬉しいです。
末筆ながら、今後のご健勝とより一層のご発展をお祈りしております。
略式ながらメールをもって感謝のご挨拶を申し上げます。

みんなの体験談

部下とはプライベートでも仲が良く、とても信頼していたため、最後のメールも本音を交えたざっくばらんな内容にしました。それは問題ないのですが、他部署の上司にも間違って同じ内容のメールを送付してしまい、変な顔をされてしまいました。付き合いの度合いや相手によって、ちゃんとしなければいけないなと反省。今となっては良い思い出ですが、退職日の失敗エピソードです。(66歳・男性・元営業)

会社・職場への定年挨拶メール例文③

(季節の挨拶文)
さて、私こと○○は、このほど○○月○○日をもって定年退職いたしました。
在職中は公私にわたりご協力とご支援をいただき、充実した日々を過ごすことができました。深く感謝しています。
○○君と過ごした時間は、本当に濃密な時間でした。私の自慢の部下です。
自分の子供のような世代の君から、たくさんのことを教えてもらいましたね。今となっては感謝の言葉しか浮かびません、ありがとう。
定年は人生において必要なゴールの一つかもしれないと、今思っています。これまでを振り返り、周囲に感謝ができる機会になりました。
○○君の人生が実りあるものになることを信じています。
より一層のご発展とご多祥をお祈りしつつ、略式ながらお礼のご挨拶とさせていただきます。

みんなの体験談

私の会社では定年退職前に有休消化があり、出勤最終日は退職日の二ヶ月前という中途半端な感じでした。最後にどうしてもお礼を伝えたい同僚や部下には、心を込めて1人ずつ、メールで感謝の気持ちを送付しました。本当は手紙にしたかったのですが、このご時世ですからね。メールのある時代に生まれて本当に良かったと思っています。(70歳・男性・元会社員)

会社・職場への定年挨拶メール例文④

(季節の挨拶文)
さて、私こと○○は、本日○○月○○日をもって○○○を定年退職いたします。
今までいろいろとありがとうございました。
本日お会いできないのは残念ですが、これまでの深い感謝をお伝えしたく、略式ながらメールさせていただきました。
入社以来、公私にわたりご懇情を賜り、深く感謝を申し上げます。
おかげさまで自分に与えられた仕事に真摯に向きあい、それらを全うして定年を迎え、今はとても晴れやかな気分でおります。
背広を脱ぎ、名刺のない明日からの日々に不安がないと言えば嘘になりますが、これまで少しずつ準備してきた第二の人生を思うと、今まで感じたことのない気持ちが溢れてきます。
末筆ですが、皆様のなお一層のご発展をお祈りしております。

会社・職場への定年挨拶メール例文⑤

このたび、定年により○○月○○日をもって○○○を退職いたします。
まずは、在籍中は公私にわたり一方ならぬご厚情を賜り、ありがとうございました。
定年を迎え、これまでの人生を振り返っております。
入社以来、(会社名)という看板で自分を大きく見せてもらい、さまざまな体験させてもらいました。そのすべてが私の人生の財産となっております。
個人では絶対できなかったことばかりなので、やはり感謝という言葉しか思いつきません。その経験を生かし、定年後にもさらなる明るい未来を描いていきたいと考えています。
今後とも変わらぬお付き合いとご厚誼にあずかりますようお願いいたします。
末筆ながら皆様のご健康とより一層のご発展をお祈りしております。

これをやってはダメ・定年退職挨拶メールのNG

  • 自慢話、過度な武勇伝
  • 見え透いたお世辞
  • 偏った思想、政治や宗教の話
  • 下ネタ
  • 男性蔑視、女性蔑視
  • 個人を過度に褒めたり貶したりする話
  • 住所や電話番号など個人情報の取り扱い
  • 長すぎる文章

個人の思い出話などを書いてしまいがちですが、あくまでもビジネスメールになります。ダラダラ長文や手紙のような文章にならないよう気をつけたいところ。

最後の最後に嫌な思い出となって残ってしまわないよう配慮しましょう。

同僚・部下へ定年退職メールを送るコツ

定年退職といえば、本人が明るい未来を描いていても、どうしても寂しいイメージにとられがちです。とくに若年層にはイメージしづらいことが多いため、寂しい悲しい印象にならないよう、前向きで明るい雰囲気が好まれるでしょう。

  • いつ、だれが、どこで、など大切な5W1Hは冒頭に
  • 個人情報には十分注意を(自宅住所など安易に書かない)
  • 送る相手の立場に立った言葉選びをしましょう
  • 感謝の思いを率直に伝えましょう
  • 長くなり過ぎない、簡潔なわかりやすい文章で
  • 語彙・漢字・語句などはしっかり確認を

固すぎずラフ過ぎない、ちょうど良い頃合いの文章はとても難しいのですが、感謝の思いを率直に伝える気持ちがあれば、どんな文でも相手の心に届くはず。

自分なりの言葉を大切にして悔いの残らない感謝メールを送りましょう。

関連する記事

タグ一覧

注目の記事【PR】

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

カテゴリ別ランキングRanking

定年退職のこと

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend