霊璽

用語を保存しました

霊璽の意味(霊璽とは)

霊璽は、神道仏壇にあたる祖霊舎(それいしゃ・みたまや)において、位牌にあたるものを言います。

仏壇には、御本尊が中心に飾られますが、神道の祖霊舎では、霊璽を中心に飾ります。

霊璽は、祖先の霊の代わりとして祀るものです。

神道では、人は分霊として生き、死んだのちは、霊御親のもとへ戻り、そこから家族を守ってくれるという考え方があります。

そのため、祖霊を祖霊舎におまつりして、守ってもらうよう、霊璽に魂込めをします。その儀式は遷霊祭と呼ば、通夜祭(神式の葬儀のお通夜にあたる)で行われることが多い儀式です。

霊璽は一般的には、白木の霊璽と、そのふたが一対になった状態になっています。

霊璽の実際

霊璽は、祖霊舎の内扉の中に設置します。戸張と呼ばれる幕を前にかけることもあります。

霊璽にも、繰出位牌に良く似た形式の複数の板札を収納できるタイプのものがあります。一枚一枚には、霊号や没年月日を記すようになっています。

通夜祭で行われる遷霊祭で、故人の魂は霊璽に移されます。玉串を奉納し、拝礼した後、御魂移しの儀が始まります。夜のように部屋を暗くしたり、太鼓や警蹕と呼ばれる神職による声かけが行われます。

タグ一覧

霊璽に関連する記事Relational

あなたにおすすめ記事Recommend

編集部おすすめ記事 Recommend

enな人々

もっと見る

ランキング Ranking