PL教

  • 読み:ぴーえるきょう
  • 別名:パーフェクト・リバティー教団, PL

PL教の意味(PL教とは)

PL教とは、1916年、佐賀県鳥栖市に立教した「ひとのみち教団」を母体にした神道系の宗教法人です。

現在は大阪府富田林市に本部を構えています。現在の教団名に変更されたのは1974年のことです。

パーフェクト・リバティー「完全な自由」「真の自由」を教団名に掲げていることもあり、何ものにもとらわれずに表現していく自己表現で、周囲を明るく平和にしていく道を説いています。

教団の教えは「人生は芸術である」というもので、教団の目標は人類の永遠の平和と福祉のために貢献することとなっています。

高校野球で有名なPL学園は、昭和30年に開校しています。

PL教の実際

毎年8月1日には、教祖祭がおこなわれ、富田林市の会場には大花火大会「教祖祭PL花火技術」が開催されます。この際の花火大会は宗教行事の一環とされています。

御木貴日止(みき たかひと)教主を教団では「おしえおや」とよんでいます。

PL教団の聖地には「PLの塔」こと「超宗派万国戦争犠牲者慰霊大平和祈念塔」があります。

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によりよい未来に繋げていきたいと思っています。