エンディングパーク

聖地

  • 読み:せいち
  • 別名:霊地

聖地の意味(聖地とは)

聖地とは、宗教的に重要な意味のある場所、神聖とされている場所のことです。

具体的には、ユダヤ教のエルサレム、シナイ山、キリスト教のエルサレム、ベツレヘム、バチカン、イスラム教メッカ、メディナ、エルサレム、チベット仏教のラサ、ヒンドゥー教のベナレス、神道では、出雲大社伊勢神宮といった地名があげられます。

その宗教や信仰にとっての本拠地であり、本山である場所、寺院、教会、神社を指して聖地とすることもあります。奇跡や霊的なエピソードの舞台とされているところもあります。

聖地の実際

聖地は崇拝や巡拝の対象であり、ゆかりの霊地、墓所などの場合があります。自然景観が美しく、みだりに出入りをすることはできない禁忌の場所であるともいえます。

場所を汚したり、樹木を伐採したり、生き物を捕獲したりすることは禁じられています。同時に、そこへ出向いて巡礼することで、宗教的な効験があると信じられています。

信者にとって聖地への参拝は信仰上、重要なイベントになります。聖地巡礼という言葉もあります。

関連する用語:遍路, 巡礼, メッカ, 伊勢神宮, 出雲大社
タグ:仏教 , イスラム教 , キリスト教 , クリスチャン , チベット

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集