教祖

  • 読み:きょうそ
  • 別名:創始者, 開祖

教祖の意味(教祖とは)

教祖とは、宗教の創始者のことです。

開祖、宗祖などとも言いかえることができるでしょう。転じて、何か新しいことを始めて、その世界で第一人者になったカリスマ的な存在の人のことを、教祖と言い表すこともあります。

伝統仏教では、創始者を指す言葉は宗祖、元祖、開山、中興祖、祖師などの言葉を用います。

また、キリスト教には創設者に特別な呼称を用いることはありません。

教祖の実際

新しく宗教や宗派ができるときには、新しい宗教的な教えと、中心になってそれを説く人物がいます。

こうした人物には、予言的な告知を行う、社会のしくみに対して変革を問う、不治の病を治療するなどのシャーマン的な行いができるなど、カリスマ的なエピソードを持っている人が少なくありません。また、こうした人の信奉者が畏敬の念を表すために、教祖という言葉を使うことが多いようです。

神道系新宗教の天理教、黒住今日、世界救世教などや、仏教系新宗教のPL教、円応教では、創設者を教祖とよんでいます。

教祖に関連する記事

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。