定年がない!60歳からも在宅でできるパソコンの仕事ってなに?

記事を保存しました

自分自身や家族の定年退職、現役引退後に毎日通勤するような仕事は大変だけど、少しは働いて月数万円でも収入があると嬉しいな。という方は少なくありません。

ただ定年後は、アルバイトするとしても通勤したり、シフトの都合をつけたり、1日5時間ほどの拘束時間などにより柔軟に生活できないことなどから介護や家族の都合、自分自身の体力的になかなか働きはじめられない人もいるようです。

そこで、パソコンとインターネットさえあれば自宅にいながら自分のペースで収入が得られる「クラウドソーシング」という働き方についてご紹介します。

クラウドソーシングってなに?

60歳からの仕事 クラウドソーシング

クラウドソーシングは端的に言えば、仕事を仲介してくれるサービスです。

普通の求人サイトと違う点は「仕事」ごとに作業者を募集しているので、クラウドソーシングサービスに登録すれば履歴書や面談といった必要がなく仕事を受けることができます。このため年齢不問のお仕事も多くあり、定年年齢を気にせず収入を得ることが可能です。

クラウドソーシングサービスの仕事のながれ

具体的に利用の流れを以下で簡単に説明します。

まずはクラウドソーシングサービスにインターネット上で会員登録を行います。

はじめてなので簡単な仕事が良いとおもったあなたは「アンケート」のお仕事を探しました。

A社が「アンケートに答えてほしい!」という仕事を発注しています。

アンケート内容は「60歳以上限定!食生活について」というお仕事です。回答すると100円の報酬を得ることができます。

あなたはさっそくこのお仕事を受注します。発注元の担当者からクラウドソーシングサービス上で連絡があります。(基本的にメールのような機能で連絡がきます)

アンケートの回答に関する注意事項や納期を確認したら、さっそく回答します。回答し終えたら「納品」しましょう。

発注元が確認して、問題なければ「100円」の報酬が支払われ、会員登録時に登録したあなたの口座に振り込まれ、お仕事が完了します。

定年退職後でも本当にできるの?

新しい働き方なだけに「定年後、本当に大丈夫なの?」と心配になる方もいますよね。

でも実際にはクラウドソーシングを活用して収入を得ている方の約30%前後が60代以上というサービスもあります。

このため、60、70代向けの仕事をまとめているクラウドソーシングサービスも登場しつつあります。

必要なもの・能力

  • パソコン
  • インターネット環境
  • キーボードで入力ができる
  • 銀行口座

あるとより収入が得られるもの

  • WordやExcelといったソフトの利用経験
  • インターネットを安全に利用できる知識
  • しらないことを勉強する意欲

クラウドソーシングのお仕事事例

  • かんたんなものから本格的なものまで様々な文章作成
  • 情報を入力する作業
  • 体験談を文章で作成
  • 企業の商品やサービスの名前の案出し
  • 料理のアイデアを文章で投稿
  • アンケート回答
  • カメラ撮影
  • 画像修正
  • 画像作成
  • ホームページ制作
  • イラスト作成

人と会う仕事もあります

最近は週に1度発注先の会社に出向くお仕事や、家事や子育て手伝いといった直接依頼主にあうお仕事も見られるようになりました。

  • 企業に自分の経験を伝える、教える仕事
  • 子育て世帯のお手伝い(送迎、夕飯のしたごしらえや選択などの家事)

定年後の在宅ワークに自信がない方へのアドバイス

ここまでクラウドソーシングサービスについてご紹介してきましたが、そもそもあまりパソコンに馴染みがない方もいらっしゃることとおもいます。

まずは

・パソコンの操作になれる
・インターネットの安全な使い方を知る

といったことから始めるのもおすすめです。

最近では民間はもちろん自治体や町会で「初心者向けパソコン教室」も盛んに行われています。

ご自宅から通える距離にこういった教室があればぜひ一度足を運んでみてパソコンとはどういうものなのか?どうやって利用すれば安全なのか?を知ることで、定年後も徐々にお仕事ができるようになると安心ですね。

関連する記事

タグ一覧

注目の記事【PR】

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

カテゴリ別ランキングRanking

定年退職のこと

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend