守護神

用語を保存しました

守護神の意味(守護神とは)

守護神とは、国家、特定の地域、個人などを守護し、加護を与えるといわれる神のことです。

国土を守る国魂神、海上を守る住吉神、春日神は氏神で氏族の守護神です。

災いを防ぎ、災難から守ってくれる神さまです。英語ではguardian angelなどとも言われます。

守護神は、神的階層のパンテオンの上位を占めていることが多く、人物の守護霊は誕生とともに個人に付属するものとされています。

守護神の実際

神道では、産土神という自分が生まれた土地の守護神がいます。

生まれたところの守護神で、他の場所に引っ越して行っても、生まれる前から死んだあとまで守護してくれる神とされています。産土神への信仰は、産土信仰と言われています。

氏神氏子は血縁が基になる関係ですが、産土神は地縁の信仰です。

また、村の鎮守神は一定の地域の土地を守護する神さまで、産土神と同一に考えられることがあります。共同体の繁栄と運命をつかさどる守護神です。

仏教では、仏教徒を守護する神がいて、護法善神や御法神と呼ばれています。

<関連する用語>:氏神 氏子 神道 菩薩

関連する記事

タグ一覧

注目の記事【PR】

家財整理とは?遺品整理となにが違うの?

みなさんは、「家財整理」ってご存知でしょうか? 「遺品整理」や「生前整理」という言葉は聞いたことがあるかもしれませんが、それらとなにが違うのでしょうか? ...

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

ランキングRanking

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend