菩薩

用語を保存しました

菩薩の意味(菩薩とは)

菩薩といえば多くの方たちが「優しく寛大な姿」を思い浮かべるのではないでしょうか。

菩薩とは、もともとは釈迦如来の修行時代を指していた言葉だったそうですが、現代では悟りを求めて修行する僧などを指しています。

人間も悟りを求めて修行を積めば如来になれるというのが前提で、如来になる前の者たちを指しています。

菩薩というと優しい表情から女性のイメージを持つ人も多く、また実際に胸の膨らみがある菩薩像も見かけることができますが、基本的には修行時代の釈迦如来をモデルに作られており女性体ではありません。

広義には悟りを求めて修行している僧侶などは皆菩薩と呼ぶことができますが、一般的には、
・観世音菩薩(観音菩薩)
虚空蔵菩薩
弥勒菩薩
勢至菩薩
地蔵菩薩
などがよく知られています。

菩薩の実際

日本にも菩薩像や菩薩の絵は数々あり、教科書でもよく取り上げられています。

また道路脇に小さな石像のお地蔵様も地蔵菩薩と呼び、菩薩様なのです。

関連する記事

タグ一覧

注目の記事【PR】

家財整理とは?遺品整理となにが違うの?

みなさんは、「家財整理」ってご存知でしょうか? 「遺品整理」や「生前整理」という言葉は聞いたことがあるかもしれませんが、それらとなにが違うのでしょうか? ...

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

ランキングRanking

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend