建物解体工事の流れ

記事を保存しました
建物解体特集バナー

建物解体は人生にそう何度もないものです。初めの方がほとんどでしょう。

この記事では解体の専門家である「解体サポート」の池貝さんに教えてもらった内容に基づき、「建物解体工事の流れ」について分かりやすく解説します。

建物解体工事の流れ

建物解体工事の工程とは?

一般的な家屋の解体工事の流れについて説明します。

建物解体の事前準備

(1)現場調査

電話やメール相談でも見積りは出してくれますが、より細かな見積りを知りたい場合には解体業者に現地を確認してもらいましょう。

実際にみてもらうことで立地条件によって異なる費用など、より正確な見積りを予め確認することができます。

現地調査の際には、できれば立会いをして解体業者の対応もご自身の目で確認して、安心できる業者に依頼しましょう。

(2)見積書の確認

現地調査後に詳細の見積りが出ます。内容を確認し、分からないところは遠慮なく質問してみましょう。

見積りの段階で不明なところや不安がある場合には、きちんと確認しておくことが大事です。

工事が進む中で「本当は●●の部分は解体するつもりがなかったのに、、、」という場合には、後戻りできません。見積書から実際の解体工事後の請求金額で追加になる可能性がある項目も確認し、誤解のないようにしましょう。

見積書を確認し、納得した上で契約となります。

建物解体の工事前

(3)ご近所への挨拶

解体工事前には必ずご近所に挨拶をしておきましょう。

自分にとってはささいなことでも、「工事」による音や埃などがトラブルにつながる可能性があります。

めったにないことですから近隣の方がどのようなことにストレスを感じるのか分からないことも多いと思います。挨拶について不安な場合には、解体業者にどのようなポイントに気をつければいいか相談してみましょう。

解体業者からも挨拶はしますが、建物の所有者の方が挨拶することが後々のトラブル回避のためにも大切なことです。

(4)引込配管や配線の撤去の連絡

建物に影響する「電気、ガス、水道、浄化槽、有線やCATV」など、各指定会社へ撤去の連絡をしましょう。

建物解体の工事中

(5)足場養生の準備

高いところでの作業もあるので足場を確保したり、近所へほこりなどが広がらないように養生シートをかぶせたりする作業です。

(6)建物の内部を解体

まずは手作業で撤去できるものから撤去します。畳やサッシ、瓦、不要品など。

(7)建物の本体を解体

手作業後に残った壁、屋根、柱などを重機を使ったり、場合によっては人力で解体します。

(8)廃材の分別・収集・搬出作業

建物の解体で出てきた廃材を分別し、搬出します。細かい廃材は手作業で分別することになります。

(9)地中の確認作業

建物解体が終わったあと、地中を掘り起こし、廃材や異物が残っていないかを確認します。コンクリートが下に残っていないか、徹底した確認が大事です。

(10)整地作業

解体後の土地を平らに整地します。

整地の状態は、解体業者によって差が出ます。いい解体業者であれば大きな塊は撤去し、きれいに仕上げてくれます。

業者によっては大きな塊を残したままで完了とし、新たに建築する時に建築業者が整地にする作業が必要となり、追加工事費がかかってしまうこともあります。

建物解体の工事完了

(11)現場立会い

工事が完了したら近隣や周辺道路の状況をしっかり確認しましょう。

いい解体業者であれば周辺道路まで気遣って綺麗に清掃を行ってくれるところもあります。しかし残念ながら周辺道路まで掃除を徹底してくれる解体業者ばかりではありません。

解体工事完了後には、現場立会いをしてご自身の目で確認することが大切です。

周辺道路に土や泥などで汚れている場合には近隣の方の迷惑にならないよう清掃しておくことをおすすめします。

建物解体工事の日数はどのくらいかかる?

次に建物解体工事の日数がどのくらいかかるのか?目安について確認しましょう。

解体工事の日数は、建物の種類(木造や鉄筋コンクリート)、立地条件などで差があります。詳しく解説します。

「木造」の建物解体工事の期間

木造の家屋だった場合、解体工事の期間はどれくらいでしょうか。

工事日数は、家の広さによって変わります。目安を下記にまとめました。

  • 20坪未満:1~10日間
  • 20~30坪:5~15日間
  • 30~40坪:5~20日間

「鉄筋コンクリート」の建物解体工事の期間

次に鉄筋コンクリートの場合の解体工事期間を確認しましょう。

  • 20坪未満:3~10日間
  • 20~30坪:5~15日間
  • 30~40坪:7~25日間

以上より、木造と鉄筋コンクリートの工事期間は大きな差はありませんが、鉄筋コンクリートのほうが時間を要するという特徴があります。

現地調査の際には、工事の日数についても相談できるといいですね。

ーーーー
今回は、建物解体工事の流れと日数について解説しました。

最初に相談した業者に決定しなければならないというような決まりはありません。慎重に検討して、思い出の詰まった大事な建物を解体は、安心できる業者に依頼しましょう。



答えてくれた専門家

池貝充隆
解体サポート 池貝充隆

建物解体の相談累計40,000件超、満足度97%の実績をもつ解体サポート。全国の安心・適正価格の解体業者をご紹介。テレビや新聞メディアでも話題のサービスです。0120-987-455(年中無休・9時~19時)

解体サポート公式HPへ

空き家の解体業者資料請求

関連する記事

タグ一覧

注目の記事【PR】

あわせて読みたい

カテゴリ別ランキングRanking

定年退職のこと

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend