エンディングパーク

家を解体する前にご近所への挨拶をするべきですか?

建物解体特集バナー

建物・自宅の解体工事の施行日が決まったら、ご近所に挨拶に行くことがよろしいでしょう。時期は工事が始まる1週間~10日前くらいを目処に挨拶するのが一般的です。

建物解体工事前に挨拶をしましょう

挨拶まわりは、土地柄などにもよりますが、実際に工事の日程を印刷した用紙に、タオルや手ぬぐいなどをつけて、近所をまわります。解体工事をするにあたり、騒音や人の出入り、大型車で不便をかけるので、予め日程をお知らせしたほうがよいでしょう。

担当する解体の業者と施工主が一緒にまわることもあります。

また、マンションなどの場合は、ポストに建物解体工事のスケジュールにあわせて、何か不都合があった時の連絡先などを印刷したものを投函する などの方法を取るとよいでしょう。

もし、建物・自宅解体後にその土地で新築工事を行う場合にも同様に、騒音や人の出入り、大型トラックの駐車、ほこりや他の不都合で迷惑をかけることが予想できる範囲のご近所の人には、前もって挨拶をしておくのが一般的です。

挨拶の範囲は?

基本的に自身の家の両隣と前後方の家にはご挨拶しておくといいでしょう。騒音や粉塵などで特に迷惑がかりそうな家には予めご挨拶に行きましょう。

配慮の出来る業者を選びましょう

業者を選ぶ際には、挨拶まわりなどの周りへの配慮を丁寧に対応できるか見極めましょう。挨拶だけでなく、解体工事中の周囲への対応がきちんとしているところであれば、何か小さいトラブルが起こっても、それ以上に状況が悪化することも少ないものです。

自分の目でもこまめに確認しましょう

誠実に対応できる解体業者を選ぶだけでなく、解体工事中は依頼した自分たちもできるだけ現場に顔を出して、状況の確認をするように円滑に工事が進むように心がけましょう。

万が一、事故などがあった場合には、訴訟問題になることもあります。

無事に建物・自宅の解体工事が終わったら、再度ご近所へご挨拶に行きましょう。トラブルなく終わったとしても一言あると丁寧ですね。

答えてくれた専門家

池貝充隆 解体サポート 池貝充隆
建物解体の相談累計17,000件超、満足度93%の実績をもつ解体サポート。北海道を除いた地域で良心的な解体業者を紹介します。※対面相談会(無料)も実施中


解体サポート、池貝充隆の紹介ページ

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集