エンディングパーク

葬儀後にまつわる建物解体の相談事例

建物解体特集バナー

解体サポートの池貝さんに尋ねたところ、葬儀を終えた後の建物の取り壊しの相談では、下記の2つのケースが多いということでした。実際に池貝さんが電話で受けた相談事例を聞いてみました。

【ケース1】空き家になった実家の解体を考えている

【相談者の状況】埼玉県在住のAさんは、長野県で一人暮らしをしていた親御さんを亡くされました。

子どもたちはそれぞれ自分の家もあり、空き家になったその家には誰も住まない。思い出の詰まった家だけど、不審火などの心配もあるので建物解体を考えています。

実家は農家だったので敷地内には農機具小屋などもあります。家自体も老朽化が進んでいるので倒壊の心配もされていました。

建物の種類 建物解体の費用 解体期間
木造2階建て
延床面積65坪
178万円 10日間

【ケース2】火災に遭ってしまい、解体をしなければならない

【相談者の状況】千葉県在住のBさんは、群馬県にある実家が火災に遭われ、ご家族を亡くしました。

お気持ちの整理もついたので、家を取り壊し新たに家を建て替えようと思っています。火災ということで隣近所へも迷惑をかけてしまうのでは、と心配されていました。

建物の種類 建物解体の費用 解体期間
鉄骨造2階建て
延床面積56坪
176.8万円 10日間

エンディングパーク編集部の声

「葬儀後は、大切な方を亡くされそれだけで精神的にご負担が大きいと思います。火災の場合以外は、急ぐ必要もないので、ご家族のお気持ちが落ち着かれてから、考え始めてほしいですね」と解体サポートの池貝さん。

実際、一周忌や三周忌を終えられてからのタイミングでの電話相談が多いようです。葬儀後は、心身ともに疲れも出ますので、まずはお気持ちの整理が第一かと思います。

 

答えてくれた専門家

池貝充隆 解体サポート 池貝充隆
建物解体の相談累計17,000件超、満足度93%の実績をもつ解体サポート。北海道を除いた地域で良心的な解体業者を紹介します。※対面相談会(無料)も実施中


解体サポート、池貝充隆の紹介ページ

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集