盧遮那仏

用語を保存しました

盧遮那仏の意味(盧遮那仏とは)

盧遮那仏とは、大乗仏教の仏のひとつです。

サンスクリット語のバイローチャナの音写から来た言葉です。バイは広く、ローチャナは「照らす」を意味するルチを語源にしています。華厳経の本尊で、太陽の意味があります。光の仏とも称される所以です。

盧遮那仏の身から出た光で、宇宙の真理を全ての人を照らし、悟りに導く仏です。仏智の広大無辺を象徴するといわれています。

蓮華蔵世界という宇宙全体の仏であり、千の釈迦を出現させて説法させている存在でもあります。

盧遮那仏の実際

奈良の東大寺大仏は、正式には東大寺盧舎那仏像と呼ばれ、盧遮那仏がモデルになっています。また、唐招提寺金堂の中尊も脱乾漆像として有名です。

華厳経においては、盧遮那仏は教主です。それを梵網経の構想にならって具象化したのが奈良の大仏でもあります。

密教では、真言宗の摩訶毘盧遮那仏は大日如来と呼ばれています。大日経を毘盧遮那経とよびます。天台宗では法身仏、華厳宗では報身仏があります。

<関連する用語>:大仏 大仏殿 東大寺大仏 如来 菩薩 本尊

タグ一覧

注目の記事【PR】

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

ランキングRanking

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend