エンディングパーク

天台宗

  • 読み:てんだいしゅう
  • 別名:天台法華円宗、法華円宗

天台宗の意味(天台宗とは)

天台宗とは、法華経経典とする仏教です。平安時代に最澄が開いた宗派で、比叡山延暦寺が本山になります。

法華経を中心とする四宗(法華円教・戒・禅・密教)からなる大乗仏教全般を学ぶ宗派とも言われます。これは四宗相承とよばれています。

天台宗の教えの一部をとりあげて、浄土宗浄土真宗臨済宗曹洞宗時宗日蓮宗が生まれたともいわれます。

天台宗は法華経を中心にして大乗仏教全般を布教し、鎌倉仏教の多くの宗派を生みました。

後に山門派、寺門派、真盛派などと枝分かれして裾野を広げていきました。

天台宗の実際

天台宗は、中国の浙江省天台県にある天台山がそのルーツになります。最澄は、天台山で修行し、日本に天台宗を伝えました。

天台宗の仏壇本尊は、釈迦如来ですが、阿弥陀如来薬師如来、観世音菩薩不動明王毘沙門天など、菩提寺の本尊と同じものをまつります。

葬儀では、通夜や入の時に授戒式を行ったり、葬儀のあとに引導を行ったりする特徴があります。

関連する用語:台密, 法華経, 授戒, 浄土宗, 真言宗, 最澄, 仏教, 薬師如来, 護摩, 密教, 阿闍梨, 千日回峰行, 南無釈迦牟尼仏
タグ:宗旨宗派 , 天台宗 , 葬儀・葬式 , 法事法要 , 釈迦 , 平安時代 , 中国 , 日本

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集