釈迦如来

  • 読み:しゃかにょらい
  • 別名:釈迦

釈迦如来の意味(釈迦如来とは)

釈迦如来とは、お釈迦様の呼び名の一つです。

お釈迦様は本名をゴータマシッダールタといい、お釈迦様の「釈迦」は彼が所属していた部族の名前です。

「釈迦族の聖者」という意味の「釈迦牟尼(しゃかむに)」が略されて釈迦と呼ばれるようになったようです。

また如来とは「悟りを開いた人物」を指す言葉です。

釈迦如来だけではなく薬師如来大日如来阿弥陀如来など他にも沢山の如来がいます。

つまり釈迦如来とはお釈迦様が悟りを開いた後の状態を指す呼び名であり、修行中の悟りを開く前のお釈迦様に対しては「釈迦如来」という呼び方はしないのです。

釈迦如来の実際

釈迦如来曹洞宗のご本尊となっています。

釈迦如来とは釈迦が解脱し悟りを開いた後の呼び名ですから、基本的に釈迦と釈迦如来は同一人物です。

釈迦が解脱し悟りを開くための方法や修行法を後世に残したのに対して、悟りを開いた釈迦如来はさまざまな教えや言葉を残しました。それらの教えはお経として現在も使われています。

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集

      エンパークとは

      定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
      「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。