天上天下唯我独尊

用語を保存しました

天上天下唯我独尊の意味(天上天下唯我独尊とは)

天上天下唯我独尊とは、釈迦が誕生した時に言ったとされる言葉です。

釈迦は誕生すると四方に七歩ずつ歩き、一方の手で天を、もう一方の手で地を指し「天上天下唯我独尊」と唱えたという『長阿含経』の話しに基づいています。

この世に個として存在する「我」より尊い存在はないという意味で、人間の尊厳を表した言葉です。

「我」は釈迦のことではなく、この世に生まれた個人の誰もが、その存在が尊いものだという意味です。

また、「独尊」には、唯一の尊い使命という解釈があり、釈尊が、この世にあらわれた目的は、一切の人を救うことだとする説もあります。

天上天下唯我独尊の実際

「天の上にも、天の下にも、唯 我々人間だけがなしうる、唯一の尊い使命がある」というのが、天上天下唯我独尊の解釈です。

誤用されることの多い言葉で「この世で最も尊いのは自分だ。自分はこの世で唯一の存在である」という解釈から「傍若無人」「自分勝手」「自分が一番偉い」のような意味で使われることもありますが、本来の意味から考えると誤った使い方といえます。

<関連する用語>:仏陀 釈迦 ゴータマシッダールタ 入滅 釈迦如来 花祭り

タグ一覧

注目の記事【PR】

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

ランキングRanking

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend