釈迦

  • 読み:しゃか
  • 別名:仏陀、ゴータマシッダールタ

釈迦とは

釈迦とは、はじめて仏教を作り広めた人で、この世ではじめて悟りを開き、その境地にまで至った人物といわれています。

お釈迦様は仏陀(ぶった)と呼ばれることもありますが、本名をゴータマシッダールタといいこの世に現存した人物で、釈迦族の王子としてこの世に生を受けました。

しかし世俗の生活に苦悩して若くして出家し、菩提樹の根本で瞑想に耽った末に悟りを開いたと言われています。

そしてインド各地を説法しながら旅をしてまわり、仏教を広めた仏教の開祖と言われています。

当初はバラモン教の教えに従った苦行や修行を行なっていたお釈迦様ですが、苦行からは悟りを得ることが出来ないということを実感します。

苦行の末に生死の境をさまよっていた時に村の娘に助けられ一命をとりとめます。そして菩提樹のもとで瞑想に入り悟りを開いたと言われています。

釈迦の遺したもの

釈迦は現代の仏教においての修行法や、解脱法を身をもって体験し築き上げた人物であり、それらは仏教の根本となって今も残されています。

またその修行法は現在で言うヨガにも取り入れられています。

釈迦は仏教の開祖であり釈迦の遺した言葉がそのまま仏教の教えとして使われています。

釈迦に関連する記事

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。