涅槃会

  • 読み:ねはんえ
  • 別名:涅槃講

涅槃会の意味(涅槃会とは)

涅槃会とは、釈迦入滅の日に行なわれる法要です。

釈迦の入滅の日は諸説ありますが、2月15日とする説が一般的です。寺院によっては3月15日に涅槃会を行うところも少なくありません。

実際の入滅の日時ははっきりとはしませんが、南伝仏教では、ヴァイシャーカ月の満月の夜とされています。

インドの暦によれば、ヴァイシャーカ月は第2の月という意味があり、中国へ伝わった時に2月15日と伝わったといいます。

涅槃会では、釈迦入滅の際の様子を描いた涅槃像をかかげ、遺教経というお経をあげます。遺教経は、釈迦が涅槃に入る前に最後の教えを行ったという内容で、戒を守り、五欲をつつしみ、定を修して悟りの智慧を得ると説きます。

涅槃会の実際

釈迦の誕生、成道、入滅はそれぞれ別の日で、別々にお祝いを行います。4月8日が降誕会、12月8日が成道会、2月15日が涅槃会です。

涅槃はニルヴァーナの和訳で、迷いがなくなった境地を指す言葉です。涅槃会という言葉は季語にもなっていて、春をあらわす言葉です。

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集

      エンパークとは

      定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
      「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。