涅槃

  • 読み:ねはん、ニルバーナ
  • 別名:涅槃図、涅槃仏、涅槃会

涅槃の意味(涅槃とは)

涅槃とは、全ての煩悩の火が消滅した、安らぎの境地のことをさします。人間が持っている本能から起こる、心の迷いがなくなった状態のことをいいます。

仏教の理想である、仏の悟りを得た境地で、死を表す言葉です。

涅槃のことを、サンスクリット語で「ニルバーナ」といい「吹き消すこと」という意味があります。命の火が吹き消された状態を表すともいいます。

涅槃の実際

涅槃は、釈迦悟りの境地に達して死んだことから、迷いで燃え盛る火が消え、悟りに入った境地という意味になったといいます。

涅槃は釈迦の死を表す言葉でもあります。陰暦の2月15日が釈迦入滅の日とされています。沙羅双樹のもとで涅槃に入る様子は、涅槃経に記されていて、涅槃経に基づいて描かれた釈迦涅槃図も残っています。

釈迦涅槃図では、頭を北に向け、右わきを下にして横たわる釈迦が描かれています。故人を北枕で寝かせるのは、釈迦の涅槃入りからきたものとも言われています。

日本だけでなく中国でも、釈迦の涅槃入りの陰暦2月15日には、寺院涅槃会と言われる法会が行われます。

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集

      エンパークとは

      定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
      「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。