エンディングパーク

宗派別の仏壇の飾り方

仏壇に飾る仏具の種類、飾る位置については、各宗派で異なります。

仏壇のサイズによっても変わってきますし、同じ宗教宗派でも、地方によって、菩提寺によって変わってくるものなので、正確には菩提寺に問い合わせるのが間違いのない方法です。

ここでは、一般的に仏壇飾るものと、各宗派の代表的な飾り方についてお伝えしていきます。

仏具の基本

本尊と脇待

仏壇内必要なものとしてはまずご本尊と脇待です。仏壇内の一番高い段に安置します。

ご本尊は仏像(彫刻、掛け軸)を指します。

脇待(きょうじ)とはそのご本尊の左右に配置する菩薩明王、天や大師を象った仏像(彫刻、掛け軸)を指します。脇立(わきだち)。わきじ。とも言います。

宗教によってご本尊と脇待は異なり、脇待を配置しないお寺もあるようです。

位牌と仏具

位牌は2段目に安置することが一般的です。ただし、仏壇の大きさによっては、本尊の左右に安置する場合もあります。位牌が複数ある場合は、上座にあたる右から古いお位牌の順番で安置します。

そして3段目、一番低い段に仏具を配置します。多くの種類がある仏具ですが基本は五足具です。

両側の外から花瓶2本、蝋燭立て2本、真ん中に香炉1本を丁寧な飾り方で僧侶読経に来てくださる法事法要の際などは全て並べるのが一般的です。

ただ、普段は三足具、左に花瓶、真ん中にに香炉、右に蝋燭立てが置かれていることが多いです。

注意点

ご本尊、脇待、仏具の配置、必要なものは宗派宗旨・地方で違うこともありますので、菩提寺や購入した仏具店などに確認が必要です。

最近は仏壇の大きさも多種多様ですから、仏壇の大きさなどによっても、選び方があります。仏壇を購入する際にあわせて選ぶようにすると間違いがないでしょう。

各宗派の飾り方

前述したように地域の文化も関係してくる飾り方ですが参考までに各宗派の特徴をお伝えします。

焼香の回数と線香の数については宗派別の焼香回数・線香の作法一覧 を参照ください。

浄土真宗

浄土真宗の大きな特徴として、基本的には仏壇に位牌や遺影を祀らない宗派です。法名が記載された過去帳を祀るのが一般的です。

詳細は右記をご確認ください。 浄土真宗では位牌が必要ない?

西本願寺派の本尊は西阿弥陀如来、脇待は蓮如上人と親鸞上人が代表的です。

東本願寺派の本尊は東阿弥陀如来、脇待は九字名号と十字名号が代表的です。

日頃の供養は基本的に水はお供えせず、ご飯は山盛りにしてお供えします。

天台宗

天台宗では特に厳密な祀り方の様式はないとされています。

本尊は阿弥陀如来をよく見かけます。等しく仏界に導くものとして仏・菩薩・明王・諸天、すべてを本尊としています。

脇待は伝教大師(最澄)天台大師が主ですが、お祀りしない場合もあるようです。

本尊の選択にまよった際はお寺の方に相談するのが良いでしょう。

真言宗

真言宗のご本尊は大日如来

脇待は弘法大師、不動明王が主ですが智山派・豊山派といった宗派では不動明王ではなく興教大師のお掛軸をおかけすることもあるようです。

浄土宗

ご本尊は阿弥陀如来で、立ち姿の仏像をお祀りするのが一般的です。

脇待は観音菩薩勢至菩薩。または善導大師、円光大師。絵像と木像とがありますが、どちらでもよいとされているようです。

曹洞宗

ご本尊は上段中央に釈迦牟尼仏(しゃかむにぶつ・お釈迦さま)をお祀りします。基本的にご本尊だけでもよいようですが、脇待もお祀りする場合は道元禅師、瑩山禅師を祀ります。

位牌はご本尊の左右(古い位牌を右)に祀ります。

2段目にお供え物を配置します。お花、線香、蝋燭、水、御霊膳などの食べ物。

三具足は下段におきます。

臨済宗

本尊を特に決めているわけではなく、釈迦如来(釈迦牟尼仏)をまつることが多いです。釈迦如来とは仏教開祖釈迦を敬った呼び方です。

分派がたくさんあり、脇待は各派で違いがあります。例えば妙心寺派の場合は無相大師のと花園法皇の絵像を飾ることが多いようです。詳しくは菩提寺やお付き合のあるの僧侶に確認しましょう。

日蓮宗

日蓮宗の本尊は、日蓮聖人がこの世の姿を欠いたとされる「大曼荼羅(だいまんだら)」を指します。曼荼羅の掛軸の前に日蓮聖人の仏像を飾ります。

大曼陀羅は仏壇店でも購入できますが、菩提寺やお付き合のあるお寺があれば僧侶が書写した大曼陀羅をお祀りすることもあるようです。

宗教・宗派によって考え方がちがいますので仏壇購入を機に自分たちが供養していく宗派がどんな考え方なのかを知り、本尊や仏具を揃えていければいいですね。

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集