法名

  • 読み:ほうみょう
  • 別名:

法名の意味(法名とは)

戒名と同じく、仏弟子になった証として授かる名前であり、浄土真宗など、戒律という考えを取らない宗派戒名とは、戒名ではなく法名とよびます。

浄土真宗では、
 釈○○(男性)※本願寺派は、男女とも3文字
 釈尼○○(女性)
という3文字または4文字が法名の基本となります。
釋の漢字の場合もあります。

信士(しんし)・信女(しんにょ)といった他宗派でよく見られる文字は用いません。

法名の実際

戒名ではなく法名と呼ぶことにも「戒律を守れない凡夫であるから、阿弥陀如来の誓願によってのみ救われる」という考えを取る浄土真宗の始祖の親鸞聖人の考えが色濃く出ています。

戒名や法名も、そういうものだ、と何も考えずにそのまま受け入れるではなく、どんな意味があるのだろうと、あらためて捉え直すとまた違った見方ができるかもしれませんね。

法名に関連する記事

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。