お膳料

  • 読み:おぜんりょう
  • 別名:御膳料

お膳料の意味(お膳料とは)

お膳料は、お膳に代えて僧侶にお渡しするお布施のことです。葬儀に限らず、お祝い事の際でもつかう言葉です。

お膳を用意して、食事をしていただくべき際に、先方の都合などによりかなわない場合、代わりに送る謝礼のことです。

読経が終わった時などに、お車代などと合わせてお渡しすることが多いです。

お膳料の実際

僧侶が都合により、精進落としなどの食事に参加できない場合、料理を箱詰めにしてお渡しすることもできますが、お膳料としてお金を包む場合も増えています。

事前に知っておく必要があるので、打ち合わせなどで都合を確認しておくとよいでしょう。

お膳料の相場は5000円~1万円が多いようです。

お布施を僧侶にお渡しする際には、切手盆、袱紗、風呂敷などを用い、直接の手渡しや、床に置くというのは失礼にあたります。

お布施はサービスに対する代価ではありません。したがって渡すタイミングは事前でもかまわないし、金額の記載も必要ありません。(お布施の表書きについて

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集

      エンパークとは

      定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
      「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。