お車料

  • 読み:おくるまりょう
  • 別名:お車代

お車料の意味(お車料とは)

お車料とは、僧侶へ渡すお布施のひとつで、葬儀や法事の際に、僧侶に足を運んでもらった場合に、交通費にあたるものとして渡すものです。

本来は、僧侶の送迎ができない際に、渡していました。

お布施は、読経料や戒名料を含めて、後日寺院へ出向いて渡すこともできますが、最近では、お通夜告別式、法事を行うその場で渡すことも増えています。

白い封書に、お車料と表書きするか、半紙で包んでから、手渡ししないように盆などにのせて渡すとよろしいでしょう。水引の必要はありません。

お車料の実際

お車料の相場は、数千円から数万円までと、お布施と同様に、はっきりとした金額の決まりがあるわけではありません。

地方によっては3,000円で良いというところもあれば、首都圏では1万~2万円程度を包むというような話もあります。

親戚や檀家の人にそれとなく聞いてみるのも、相場を知るヒントにはなるでしょう。

また、お寺に直接聞いてみることや、葬儀社の担当者に相談してみることもよろしいでしょう。

遠方に足を運んでもらう際には、交通費、宿泊費を考えて、金額を検討します。

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集

      エンパークとは

      定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
      「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。