塔婆料

用語を保存しました

塔婆料の意味(塔婆料とは)

塔婆料とは、卒塔婆に梵字や経文を書いてもらった寺院僧侶に支払う代金のことです。

一般にお布施と違って、寺院により塔婆一枚の価格が決まっているので、お布施とは別に包むようにします。

塔婆一枚につきいくらと決まっている場合が多いので、寺院に確認を取ることがよいでしょう。

卒塔婆のイメージ

塔婆料の実際

一人の故人に塔婆は一本と決まっているわけではありません。また、施主以外にも塔婆を建てることはできます。

塔婆料の相場は、一枚2,000円~10,000円程度と言われています。

施主は、事前に塔婆料を確認し、複数人で建てる場合は、全員の塔婆名簿を作って数日前には寺院側に知らせておく必要があります。

水引のない奉書白封筒に、御塔婆料などと書き、全員分をまとめて渡します。その際には、○○家卒塔婆建立者のような、金額が明記されたメモを入れる場合もあります。

塔婆は、浄土真宗など宗派によっては建てない宗派もあります。

関連する記事

タグ一覧

注目の記事【PR】

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

ランキングRanking

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend