塔婆供養

  • 読み:とうばくよう
  • 別名:卒塔婆供養、付塔婆

塔婆供養の意味(塔婆供養とは)

塔婆供養は、卒塔婆(板塔婆)を回忌供養回忌法要お彼岸・彼岸法要、初盆お盆などの時期に、お墓の後ろに立てることをいいます。

塔婆は、釈迦遺骨分骨して、塔を建てて供養したのが、その始まりと言われています。五重塔から五輪塔に変わり、五輪塔を簡略化したものが現在のような板塔婆です。

板塔婆は人間の形をかたどっているといわれ、上から順に、空、風、火、水、地を意味する梵字が書かれています。この梵字が表に書かれることもあれば、その宗派のお題目が書かれていたり、その法要の名前(施餓鬼など)を記す場合もあります。

表面の下部や裏面には、建立する人の名前、建立の日付などが入ります。法事に参加する人が合同で立てることもあります。

Toba kuyo

塔婆供養のイメージ

塔婆供養の実際

塔婆供養の卒塔婆は、傷んだら新しい塔婆に取り換えます。撤去する際には、塔婆のお焚き上げをお願いします。

頻繁に墓参りに行けない場合は、管理してくれる寺院などが、古い塔婆を手入れをしてくれる場合もあります。

塔婆に書かれる施主名、経文、戒名などは、僧侶が手書きするため、事前に間違いがないように連絡を取っておく必要があります(最近ではプリント印刷のケースも増えています)。

塔婆料・塔婆供養料は、寺院によって金額が異なりますが、目安の相場はおよそ2,000円~10,000円です。事前に塔婆供養する人の人数と、姓名をお寺に連絡する際に、確認を取っておくとスムーズです。

また、宗派によって塔婆供養(追善供養)を行わないところもあります。

関連記事

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集

      エンパークとは

      定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
      「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。