お布施の目安早見表

記事を保存しました
特集 お布施 お布施はどんな時に必要で、お布施の相場はいくらくらいなのでしょうか。

お布施は本来決まった額があるものではないため、エンパークが紹介する金額は参考目安となります。お付き合いのあるお寺(宗教者)がある場合は、直接お布施について尋ねたほうがいいでしょう。

通夜、葬儀・告別式のお布施の金額

通夜葬儀告別式にお寺の僧侶を呼んだ場合に、供養をしてもらった御礼としてお布施を渡します。

東京・大阪の通夜、葬儀・告別式のお布施目安

東京近郊のお布施:およそ20万円~35万円
大阪近郊のお布施:およそ20万円前後

お布施の費用は、約15万円~50万円といった範囲が多いようです。(二日間のお葬式で戒名読経をお願いした場合)

特定の菩提寺がなくて、葬儀社などに紹介してもらったお寺の場合は、前もって「お布施(宗教者への謝礼)は○○万円くらいが多いです」とお布施の目安を伝えられることもあります。参考に聞けばいいでしょう。

ただし、お布施は地域や各お寺の考え方、お寺との付き合いの深さによっても変わるものです。お布施の価値は人それぞれ異なるため、自分が包める金額で相談してみるといいでしょう。

もっと調べる:葬儀のお布施の相場は?渡し方は?

戒名の位とお布施の金額

昨今の葬儀(通夜・告別式)で僧侶に包むお布施には戒名を授けていただくことも含まれていることが多いです。

戒名は生前、長きに渡ってお寺や地域に貢献した故人に、包まれる費用関係なく授けられる仏教のならわしでしたが、現在では、葬儀社または僧侶自ら用意した「お布施の目安表」といったものが出回り、位の高い戒名を高額な金銭と引き換えに授けていただける状態になってしまっています。

戒名には位があり、宗派によって微妙に異なります。下記で宗派別で位が高い順に表記します。

尚、浄土真宗は宗派の考え方が他宗派と異なるため、戒名ではなく法名(ほうみょう)と言います。

浄土宗、真言宗、天台宗、曹洞宗、臨済宗の戒名の位

日蓮宗の戒名の位

  • 男性:〇〇院居士→〇〇院日信士→〇〇院信士→〇〇信士
  • 女性:〇〇院大姉→〇〇院日信女→〇〇院信女→〇〇信女

浄土真宗の法名の位

  • 男性:〇〇院釋→〇〇釋
  • 女性:〇〇院釋尼→〇〇釋尼
  • 院居士・院大姉:100万円~
  • 院信士・院信女・居士・大姉:50万円~
  • 信士・信女:10万~

上記の金額はあくまでよく見かける目安です。

葬儀社、僧侶、または寺院との関係性によって大きく異なることもあります。

実際に依頼する予定の僧侶に事前に確認、相談しておくことをおすすめします。

※もし仮に目安のお布施が用意できない場合でも「供養したい」という想いが喪主または家族にあればその旨と用意できない家庭事情などを説明することで包む費用が負担がないように相談にのってくれる葬儀社・僧侶も確かにいます。

法事法要のお布施の費用相場とは

法要のお布施目安

祥月命日法要のお布施:5,000円~1万円程度
四十九日法要のお布施:3万円~5万円程度
一周忌法要のお布施 :3万円~5万円程度
三回忌以降のお布施 :1万円~5万円程度


法事法要では僧侶に読経をあげてもらい、供養してもらったお礼も込めてお布施を渡すことが多いです。

四十九日法要や一周忌など、特に重要とされている法事法要のお布施は、祥月命日の法要などのお布施よりも気持ち多めにお金を包むことがあります。

また、お寺の本堂ではなく、法要のために式場や自宅にお寺を呼ぶ場合、お布施とは別に、お車代(5,000円~1万円)を渡すこともあります。

もっと調べる:
法事・法要のお布施の金額とは?
四十九日法要のお布施の金額とは?
一周忌法要のお布施の金額とは?
三回忌法要のお布施の金額とは?

納骨時のお布施の金額とは

お墓納骨堂遺骨納骨する、納骨法要・納骨式のときには、お布施は1万円~5万円くらいといわれています。

お墓や納骨堂にお骨を納骨する時には、僧侶に読経をしてもらい、供養します。また、開眼供養(魂入れ)と合わせて回忌法要をすることが多いです。

詳しく調べる:納骨式の費用ってどのくらい?

お墓を改葬する時のお布施の相場とは

閉眼供養・魂抜き、開眼供養・魂入れのお布施目安

閉眼供養・魂抜きのお布施:1万円~5万円
開眼供養・魂入れのお布施:1万円~5万円


菩提寺の墓地にお墓があるときには、上記以外に「離檀料」が必要な場合があります。

不要と考えるお寺もある一方、お寺の決まりとして求められる場合などもありますが、原則として支払いが決まっているわけではありません。お寺との関係やお寺の方針で異なります。

詳しく知りたい:改葬(お墓の引越し)にかかる費用

お盆のお布施の相場とは


お盆法要のお布施:5,000円~1万円


お盆の時期には、菩提寺のお坊さんが檀家の家をまわり読経をあげます。棚経とも言います。自宅でお経をあげてもらったら、お布施を渡すことが多いです。

新盆初盆(故人が亡くなりはじめて迎えるお盆)のときには、親戚にも声をかけて盛大に初盆法要を執り行うため、お布施は3万円~5万円前後を目安として渡すことがあります。

また、家に来てもらう場合、5,000円~1万円をお車代として用意したり、食事会(お斎)に出席してもらったり、食事代を別で渡したりすることもあります。

詳しく調べる:お盆のお布施の相場と渡し方

お彼岸のお布施の費用の相場とは


個別法要のお布施:3万円~5万円
合同法要会のお布施:3,000円~1万円


春・秋と2回あるお彼岸の時期にお寺にお経をあげて供養をしてもらった時にお布施を渡します。

お彼岸法要では、お寺で行われる合同のお彼岸法要に参加したり、個別でお寺にお彼岸法要を依頼したりと様々です。

詳しく調べる:お彼岸法要のお布施で気になること

お布施特集-目次

関連する記事

タグ一覧

注目の記事【PR】

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

カテゴリ別ランキングRanking

冠婚葬祭のこと

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend