喪主

  • 読み:もしゅ
  • 別名:

喪主の意味(喪主とは)

喪主とは、葬儀を主催する人をさします。

喪主は誰がなるかという問題がありますが、世帯主が亡くなった場合は配偶者が、世帯主以外が亡くなった場合は世帯主または子供がなることが多いです。

女性の方が喪主になることももちろん問題ありません。誰がならなければいけない、という決まりはありませんので、家族で話し合って決めることがよろしいでしょう。

葬儀後の法要(四十九日や一周忌)などを中心になって取り仕切るもの喪主になりますので、誰が中心となって法要を取り仕切っていくかという点から考えることも方法です。

あまり多くはないですが、兄弟など複数で共同で喪主を行うケースもみられます。

喪主の実際

親が亡くなり子供が女性だけで、その娘さんは嫁いでいるという場合に、娘(故人の実の子供)が喪主をすることが良いのか、それとも娘さんの旦那さん(故人の義理の息子)がする方が良いかと悩まれる方も多いです。

明確な決まりはありませんが、近年は、故人との血のつながりを優先して、娘さん(故人の実の子供)が喪主を務められるケースが多いようです。

喪主に関連する記事

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。