神棚封じ

  • 読み:かみだなふうじ
  • 別名:

神棚封じの意味(神棚封じとは)

神棚封じとは、家族に不幸があった時に、神棚に半紙を貼って封印することをいいます。白い半紙で神棚の正面を隠すようにします。

この半紙を貼る時には、家族ではなく第三者が行うものとされてきましたが、最近では遺族が行うことが多くなっています。本来は、遺族は死忌にそまっているため、第三者が行うとされています。

神棚封じをして神棚の扉を閉めてしまって、お供えや礼拝などもしないようにして、忌明けまではそっとしておきます。

ふだんの祭事も行わずに過ごします。忌明けになったら、半紙を取って封印を解きます。

神棚封じの実際

神棚封じを行う目的は、神道の考え方にのっとって、人が亡くなった時には、死の穢れが神棚という神聖な場所に入らないように行います。

人が亡くなったことで、遺族は「気が枯れた」ようになっています。穢れは生きる気力が減退していることをさす言葉です。

半紙をしめ縄などに留める際には、画鋲やピンなどは使用せず、テープなどを使うようにします。

神棚封じに関連する記事

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によりよい未来に繋げていきたいと思っています。