遺族

  • 読み:いぞく
  • 別名:遺家族、喪家

遺族の意味(遺族とは)

遺族とは故人の家族を指す言葉で、両親や配偶者、子どもを指して使う言葉です。

生計を一つにしていた家族を指すことが多く、一般的に親戚は遺族とは呼ばないことが多いです。

遺族の実際

通夜葬儀も、相手との付き合いの度合いもあるものの、基本的には遺族の負担にならないよう、マナーを心がけたいものです。葬儀など弔事のマナーは、そのためにあるようなものでもあります。

葬儀の際には、遺族にはお悔やみの言葉を手短に述べ、長話などを避けます。お手伝いができることがあれば、と添えるとなお丁寧です。

忌み言葉を避けるなど、言葉遣いにも注意したいですね。重ね重ねなどの繰り返しの表現や、再びなどの連鎖を想像させる言葉は、使わない方がよいとされています。

遺族の人の言葉を聞いて差し上げることで、相手の気持ちが少しでも楽になるよう、心がけてあげることがよろしいでしょう。

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集

      エンパークとは

      定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
      「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。