エンディングパーク

葬儀委員長

  • 読み:そうぎいいんちょう
  • 別名:

葬儀委員長の意味(葬儀委員長とは)

葬儀委員長とは、葬儀における役割の一つで、葬儀を執り行う最高責任者です。

喪主よりも葬儀進行においては責任を持ちます。

通常、会社の社長、町内会の人などが務めることが多いです。

葬儀社が司会進行などを請け負うことが一般的になっている現在では、都市部の葬儀を中心に、葬儀委員長がいない葬儀が多くを占めるようになっており、葬儀委員長は、社葬、団体葬、合同葬などある程度の規模の葬儀で見られるのみとなっています。

葬儀委員長の実際

社葬では、葬儀委員長は社長など経営トップが担う場合が多いです。

もし、亡くなったのが社長という場合は、後継者にあたる人が葬儀委員長を行います。

葬儀委員長が葬儀において最も重要な役割を担う場面は、葬儀委員長挨拶です。挨拶は喪主と葬儀委員長が行います。僧侶読経を読み退席した後に、挨拶をするケースが多いようです。

弔問客へのお礼、故人の略歴などに触れ、遺された遺族への変わらぬご厚誼をお願いして、挨拶をしめます。

この際、故人の略歴を語る場合は、事前に間違いのないよう確認が必要でしょう。また、喪主のあいさつと内容が重ならないような配慮もできるとよいでしょう。

関連する用語:葬儀委員, 喪主, 施主, 遺族, 社葬, 葬儀委員長挨拶, 止め焼香, 社葬規定, 忌み言葉, 式辞
タグ:喪主 , 葬儀・葬式 , 社葬・団体葬 , 葬儀委員長 , 挨拶 , 葬儀屋 , 葬儀社 , 弔問 , 僧侶

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集