社葬規定

  • 読み:しゃそうきてい
  • 別名:社葬取扱い規定

社葬規定の意味(社葬規定とは)

社葬規定とは、社葬のコストを経費計上するために、社内で議事録を作成する必要がありますが、その際の手引きをあらかじめまとめたものをいいます。

議事録を作り、詳細を文章化していくために、取締役会規定の内規のようにして、あらかじめ準備しておくのが社葬規定ということになります。

社葬規定が準備されていれば、取締役会では認証していくだけの作業になり、会議の進行も速やかです。

社葬規定の実際

社葬規定には、社葬の範囲、費用の基準、葬儀委員長を始め、各担当の適任者の選択などについて明記します。一般的に、葬儀実行委員長は総務部長が選任されることが多く、総務部が主体になって実行されます。

社業に功労のあった現職または元役員や社員に不幸があったときには、社葬を行うなどの基準は具体的に明文化します。

社葬に要する費用は、自宅密葬費、戒名料などの遺族が負担すべき費用を除き、会社が負担するなど、費用をどこまで負担するかなども具体的に記します。

社葬の際の服装や、香典や供花などの対応、生命保険契約の有無などにもふれ、どんな場合でも対応ができるよう、内容には気を配る必要があります。

関連する用語:葬儀委員長 葬儀委員 社葬 団体葬

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によりよい未来に繋げていきたいと思っています。