エンディングパーク

親族

  • 読み:しんぞく
  • 別名:親類, 親戚

親族の意味(親族とは)

親族とは、血のつながりのある人同士と、結婚によってつながる続柄の人を合せたものをさします。

親族の中には、親等、血族、婚族、直系親族、傍系親族、尊属、卑属という種類があります。

親等は、父、母、子どもの単位で一親等となります。血族は血のつながりのある親族で、配偶者は除きます。姻族は配偶者の血族のことです。

尊属は本人の世代より前の人で、父母、祖父母、おじ、おばのことです。卑属は本人の世代より後の子ども、孫、いとこ、おいなどをさします。

直系親族は親、本人、子ども、孫というような縦のつながりをさし、傍系親族は、直系親族以外の枝分かれした親族のことで、兄弟、姉妹、おじおば、いとことその配偶者などのことです。

民法で親族と言えば、配偶者、六親等内の血族、三親等内の姻族となっています。

親族の実際

相続に際して、遺産を受継ぐ資格のある法定相続人は、親族の第一順位にあたる配偶者と直系卑属、第一順位がいなければ第二順位にあたる配偶者と直系尊属、第一、第二ともいなければ、第三順位になっている配偶者と兄弟、姉妹、姪や甥となっています。

被相続人に配偶者がいなければ、第一順位の子ども、または孫、いなければ、第二順位の直系専属である父母、いなければ、第三順位の兄弟姉妹となっています。

関連する用語:近親者, 法定相続人, 被相続人, 遺産相続, 相続放棄, 相続人, 喪主, 施主, 遺族
タグ:葬儀・葬式 , 遺産 , 親族 , 法定相続人 , 喪主

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集