遺産

  • 読み:いさん
  • 別名:相続財産, 遺品, 遺財

遺産の意味(遺産とは)

遺産とは、亡くなった人が残した財産のことを指す言葉です。

金銭的な価値のあるものは、不動産、現金、預貯金や株などの他にも、死亡保険などをはじめとする保険金、借地権、著作権、債権なども遺産として相続の対象になります。

プラスの財産だけでなく、負の財産である借金、住宅ローン、未払い金といったものも同様に遺産になります。

故人に多額の負債があり、相続に不都合がある場合は、相続放棄を選択することで、負債を追うことを避けることができます。

相続放棄には3カ月以内の手続きが定められています。

遺産の実際

遺産は墓地、死亡退職金、受取人が指定されている生命保険以外は、分割対象になります。

相続する遺産は、民法の規定にしたがって法定相続分の割合通りに分配されるのが原則ですが、法律は強制されるものではないので、相続人同士が同意することができれば、当事者の同意に基づいた分配が可能です。

複数の相続人が相続分の割合によって遺産を分割するため、同意に至らない場合には、もめごとが起こることもあります。

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集