エンディングパーク

祭祀財産

  • 読み:さいしざいさん
  • 別名:

祭祀財産の意味(祭祀財産とは)

祭祀財産とは、家庭の位牌仏壇、仏具、墓地墓石神棚といった先祖をまつるために必要なものや、先祖代々の家系図のことをさします。

祭祀財産は相続財産には含まれていません。また、遺骨は祭祀財産を継承するものに帰属します。

明治時代には、家を継ぐというのは、祭祀財産を継ぐことであり、相続財産を継ぐことでした。

家督制度があり、長兄が相続するのが旧民法で定められていた規則でもありました。現在の民法では、祭祀財産と相続財産は完全に切り離されたものになっています。

祭祀財産の実際

祭祀財産の継承者には相続税は課税されませんし、祭祀財産を継承したからといって、相続財産の額が減額されたり増額されるということはありません。

家族の家計などを考え、生前贈与などで祭祀財産を管理する家族に、事前に相続額を工夫するということはできます。相続の際のトラブルにはさまざまなものがありますが、祭祀財産の継承と、遺産相続を混同したものも少なくありません。

家族が今後墓所をどうしたいのか、希望を日頃から話し合えるような環境があるのが、望ましいかたちでしょう。

関連する用語:祭祀主宰者, 祭祀継承者, 遺産, 相続放棄, 法定相続分, 限定承認, 遺言書, 相続, 相続人, 被相続人
タグ:継承 , 先祖 , 制度 , 仏具 , 明治時代 , 相続 , 遺産

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集