喪服

  • 読み:もふく
  • 別名:礼服

喪服の意味(喪服とは)

喪服とは、喪の期間に着る衣服のことで、黒色の濃い礼服やスーツ、ワンピース・ツーピースです。近年では略礼服であるブラックスーツを喪服と呼ぶ人も増えてきました。

本来、通夜は平服(普段の服装)で行くものとされていましたが、最近は、告別式葬儀)に行けない人が、通夜に弔問する場合が増えてきており、喪服で弔問する人が増えています。

タブーとしては、通夜や葬儀の服装は、個人の死をいたむ気持ちを表すものですので、カジュアルな服装や、華美な服装や、肌の露出が大きい服装は避けたいものです。

女性の服装

黒、濃紺など地味な色のワンピースやツーピースの方が多く見られます。化粧は控えめに、髪もできるだけシンプルにまとめて、アクセサリー類は、結婚指輪以外は基本的にはつけない方がよいでしょう。パールのネックレスかイヤリングのどちらか片方はつけてよいとされています。

男性の服装

ブラックスーツの方が多く見られます。ダブルは重なることを暗示するため避けたほうがよいとおっしゃる方もいますが、近年では、迷信ということで特に気にされることなく、ダブルでもシングルでも構いません。職場などから平服で出かける場合も、ネクタイは黒か地味な色のものが好ましく、男性も、結婚指輪の他は、時計など実用的な物以外は、はずした方がよいでしょう。

喪服の実際

急に喪服が必要になった場合に、手配が間に合わないというケースもあります。その時には、近くの貸衣装店などでも喪服のレンタルを行なっていますので、利用することも方法です。

ただ、レンタルも思ったよりも費用がかかる場合もあります。喪服は、冠婚葬祭で必要になるものですので、機会に一つ作っておかれることもよろしいでしょう。

喪服に関連する記事

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。