弔電

  • 読み:ちょうでん
  • 別名:

弔電の意味(弔電とは)

弔電とは、葬儀に際しお悔やみの言葉を伝える電報のことです。

弔電は、一般的には、通夜告別式が行われる場所(自宅、葬儀会館など)に葬儀の開始時間までに、喪主宛に送るのが基本とされています。ただし、励ましの意味を込めて送る場合、喪主宛ではなく、知人宛でも問題ありません。

115が電報を送る電話番号ですが、近年では、インターネット上から簡単に送ることもできるようになっています。

NTT東日本の電報ページ http://www.ntt-east.co.jp/dmail
NTT西日本の電報ページ http://dmail.denpo-west.ne.jp

弔電の実際

弔電の文面としては、オリジナルな温かなものもよいですが、厳粛な場であることもふまえて、礼を失することのない、ある程度決まった定形のかたちを選ばれることもよいでしょう。

弔電は式中で拝読されたり、親族で回して読むことも考えらますので、あまり奇をてらった内容は避ける方が賢明です。

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集

      エンパークとは

      定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
      「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。