花環

  • 読み:はなわ
  • 別名:花輪、葬儀花環

花環の意味(花環とは)

花環とは、葬儀など弔事用に使用するものは、白と黒を基調にしたものを用います。花環の下の部分に贈り主の名前が記載されて、葬儀の会場に飾り付けられます。

花環を贈るさいには、二本で一対の形で贈るところもあります。

花環の料金には、送料、設置、撤退の作業の料金が含まれているのが一般的です。会場によっては設置できないところや、設置するために別途料金が発生するところもありますので、花環を出される際は確認をしましょう。

花環の実際

花環の使用は、都市部へ行くほど使用されないことも多く、会場との兼ね合いで、出入りの業者に注文をすることになっていたり、設置場所がなかったりと様々です。

特に首都圏の斎場では、大型の花環の使用ができないところもあり、花環の風習が見られなくなっている地域も増えています。

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集

      エンパークとは

      定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
      「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。