冥福

  • 読み:めいふく
  • 別名:

冥福の意味(冥福とは)

冥福とは死後の幸福を表す言葉です。死後の世界を「冥界」と言うため、その文字がとられています。

弔意を表す言葉として、「冥福を祈る」という言葉がよく使われます。死者が冥土の旅を無事終えて、良い世界に転生できるように、との思いが込められています。

冥福の実際

キリスト教のうちプロテスタントなどの一部の宗派では、死後は確実に天国に行くとされています。仏教でも浄土真宗は、阿弥陀如来の導きによって極楽浄土に行くとされます。

これらの宗派では「冥福」という言葉は厳密には適切ではありません。しかし、タブーとされるものではありませんので、弔電を送る場合などそこまで気にすることはないでしょう。避けたい場合には、「心から哀悼の意を表します」といった表現が用いられることが多いです。

どんな言葉を用いるかも重要なことですが、それよりも、心からお悔やみを伝えることがより重要です。

冥福に関連する記事

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

注目の記事【PR】

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によりよい未来に繋げていきたいと思っています。