サクラメント

用語を保存しました

サクラメントの意味(サクラメントとは)

サクラメントとは機密、秘跡、聖礼典などとも言われる、キリスト教の儀式のひとつです。

目に見えない神の恵みを目に見える形であらわす行為と言われています。

プロテスタントにとっては、洗礼と聖餐の二つが主なサクラメントです。礼典または聖礼典と言われています。

東方正教会や、ローマ・カトリックには洗礼、堅信、聖体、告解(ゆるし)、終油(病者の塗油)、叙階、婚姻の7つのサクラメントがあります。秘跡とも言われています。

一方、キリスト友会、救世軍は、サクラメントを持ちません。

サクラメントはラテン語由来で、西方教会で用いられる用語です。正教会では、ギリシャ語由来のミステリオンやミステリーという言葉で表されます。日本の正教会では、機密と訳され、サクラメントという言葉は使いません。

サクラメントの実際

洗礼は、キリスト教に入信する際に行うサクラメントで、浸水、灌水、滴礼などの方法で行います。

聖餐は、キリストが最後の晩餐に、パンとぶどう酒を弟子に与え、パンを自分の体に、ぶどう酒を自分の血にたとえ、契約のあかしとしたことに由来して、パンとぶどう酒を分けるサクラメントです。

タグ一覧

注目の記事【PR】

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

ランキングRanking

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend