神父

用語を保存しました

神父の意味(神父とは)

神父とは、カトリックや正教会における司祭を表します。一般の信徒が司祭を呼ぶときに使う言葉です。

使徒継承の階級があり、職は代々継承していきます。また、父としてカトリック信徒の世話に、一生を捧げます。

通常、既婚者が神父になることはできませんし、独身者が神父になった場合は、結婚が許されません。また、女性の神父は存在しません。

懺悔聴聞といって、信徒の悩みを聞くことも、大切な仕事になります。

神父の実際

カトリックにおいては、ローマ教皇をトップに、総大司教、枢機卿、首座司教と順にランクが決まっていて、序列制度があります。神父は、一般の信徒より上のランクに位置します。

聖書だけでなく、ローマ法王の教えにも重きを置き、修道院があるのも、カトリックの特徴です。

ノンクリスチャンの日本人同士の結婚式で、結婚式場などを会場に、キリスト教式で行う場合などに、カトリックの神父が結婚式場の神父役を請け負うことはないのが一般的です。

また、カトリックの信徒でなくても結婚式を挙げることができるカトリック教会は全国にたくさんありますが、信徒でないカップルの結婚式は、ミサ式にならないことが一般的です。

関連する記事

タグ一覧

注目の記事【PR】

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

ランキングRanking

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend