プロテスタント

  • 読み:ぷろてすたんと
  • 別名:新教

プロテスタントの意味(プロテスタントとは)

プロテスタントは、マルティン・ルターの宗教改革から成立したキリスト教の宗派の総称です。

キリスト教には、プロテスタント、カトリック、キリスト正教の大きく分けて3つがあるといわれています。

プロテスタントは、ミサ礼拝、聖職者は司祭、司教と呼び、多くの教会が福音主義を説いています。

聖書中心主義で、聖書の解釈自体は個々の良心に任せるというのが、プロテスタントの考え方です。神父と呼ばず牧師がいて、結婚なども自由なので、牧師の家族がいるのもプロテスタントの特徴です。

礼拝では、儀式的なことよりも、牧師による福音に重きを置きます。

プロテスタントの実際

プロテスタントの葬儀は、個人の信仰に重きを置いた形になるので、儀式としては自由なことが多く、形式にとらわれない場合もあります。

葬儀は、キリストの死と復活による恵みが与えられたことを説き、個人の死を超えた希望を示します。

また、偶像崇拝を行わないので、遺体遺骨礼拝の対象にはしない考え方をとります。精霊の宮となった遺体を丁重に扱うものの、仏式のように遺体と告別するための葬儀にはならないのが普通です。多くの場合、祭壇には花を飾り、遺影には黒いリボンはつきません。

プロテスタントに関連する記事

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。