エンディングパーク

聖体拝受

  • 読み:せいたいはいじゅ
  • 別名:聖餐

聖体拝受の意味(聖体拝受とは)

聖体拝領は、キリストの血と肉にあたる、ぶどう酒とパンを身体に受け入れることをさします。聖体拝受によって、復活の保障を得ることができます。

新約聖書によると、イエス・キリストは引き渡される前に、弟子たちと最後の食事を共にしました。この最後の晩餐で、パンを取って「これが私のからだである」杯を取って「これが私の血である」と弟子たちに分け与えたとされています。

教会で聖体拝領を受ける時は、食事を取らずに行きます。空腹の状態で、聖体拝領を受けるようにするためです。

聖体拝受の実際

カトリック教会では、イースト醗酵をしていない聖餅を使用します。小さく、薄く焼いてあるもので、ウェハースのようなものを使います。噛まずに飲み込むことができるサイズになっています。キリストの肉であるパンは、噛まずに飲み込むようにと決められています。

正教会では普通の白パンを使います。パンをぶどう酒に浸して飲みやすくして、口に入れやすいようにしておく場合もあります。

生体拝受では、神父から渡されたパンとぶどう酒を飲み、祈りの言葉を唱えます。

関連する用語:献花, カトリック, プロテスタント, クリスチャン, 新約聖書, 旧約聖書, ゴスペル, ミサ, キリスト教
タグ:法事法要 , キリスト教 , クリスチャン , お酒

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集